臓器と関連性の深い病気を日常生活の中で予防|がんの転移が持つ脅威

医者

腰や足に違和感があったら

カウンセリング

腰や足に痛みや違和感を感じたら、それは脊柱管狭窄症からくる症状の可能性があります。治療をするならば整形外科に受診し、どの方法を選択するかを一緒に相談したほうがよいです。普段の生活でも気をつけていれば症状を悪化させずに済む方法もあります。

もっと知ろう

がんの真実

看護師

がんはポリープが出来てしまった箇所によって初期症状に気付ける場所もあれば、分からず末期になってしまう可能性がある命に関わる非常に危険な病気です。タバコの吸いすぎで発症する肺がんやお酒の飲み過ぎなどで起こる肝臓がん。その他にも膵臓がんや、女性が発症しやすい乳がんなど様々な箇所でがんは体を蝕んでいきます。初期症状で気付き、治療を施して治ったとしても新たな箇所でがんが発症することはよくあります。人間だけじゃなく、その他の動物にも発症することはよくあることです。転移してしまうと入院、再入院を繰り返し、余生を満足に生きることができなくなってしまう現状に陥ってしまいます。臓器がある生き物には必ずと言っていいほど関わってくる病気なのです。

がんが転移することはやはり、本人の気の緩みで、治ったと思って好きなものを飲み食いししたり、タバコを吸ったりなどして一度体に異変があった場所から移動して再発症してしまうことが多いです。転移させない気遣いを治ったあとも意識していかないといけません。これほどまでに危ない病気だということを健全者は理解できないと思いますが、健全なうちに予防しておくことが重要です。とはいっても外を出歩けば排気ガスなどの充満で汚染された地球に住んでいる生物にとっては避けられない病気であるのかもしれません。常々マスクをつけて外を歩くという予防もありますが、100%防げるわけではないので、がんの発症や転移などしないように意識した健康管理が大事になってきます。

ストレスによる胃腸炎

医者

ストレスに敏感な人がなりやすいストレス性胃腸炎は、治ったと思っていても再発してしまうなどが問題視されています。手術や薬による治療方法もありますが、漢方薬などから体質を改善する方法もあります。

もっと知ろう

症状と治療方法

聴診器

甲状腺に異常をきたすとバセドウ病や橋本病、結節性甲状腺腫などのさまざまな病気を発症してしまいます。これらを治療するには薬物や抗がん剤の投与、手術を行ないます。ストレスのない生活を送ることが大切です。

もっと知ろう